×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

超!節約生活暮らしの大辞典は、家計を助ける節約生活応援サイトです


超!節約生活 暮らしの大辞典 | 節約系リンク | かんたん相互リンク | サイトマップ | お問い合わせ |

超!節約生活暮らしの大辞典大きな夢は小さな目標から

 生活スタイル別の節約術(田舎暮らし・一人暮らし・サラリーマン・OL・・・)


< 田舎暮らしの節約生活 >

< スポンサードリンク >



kira

田舎暮らしに必要な費用



都会を離れ澄んだ空気と美味しい水・・・ゆっくりと流れる時間を実感できる田舎暮らしの夢を実現するには、現実問題として一時的にはけっこうな費用がかかるものです。
このホームページは「節約」をキーワードにしていますが、ケチケチする節約をテーマにしているのではなく、こうした将来の夢を実現するための”目的を持った節約”を提唱しています。
是非、一時的に必要となる費用をしっかりと蓄え、夢の実現を目指しましょう。


■田舎暮らしに必要な費用は?
一番心配なのが物件にかかる費用だと思います。
基本は地元の施工業者にお願いします。
またそこに定住したいのか、週末だけ田舎暮らしをしたいのか・・・2〜5年程度の一定期間だけ楽しみたいのかという目的によっても物件に対する費用のかけかたも違ってくるはずです。
ここでは一番費用がかかることを想定した試算表を書いておきます。

★1,500万円の新築物件を建築する場合
主な項目 金額
(万円)
構成比
(%)
本体工事(ガス・水道工事含) 1,500 87.2



追加工事 100 5.8
水道加入負担金 
庭木代
冷暖房設備工事

家具、家電購入費 50 3.0
その他備品


ローン手数料等 70 4.0
登記費用
火災保険料
引越諸費用
他雑費
合      計 1,720 100.0
結構なお金が必要だとお分かりだと思います。
しかし使用期間が短いため、長期ローンはオススメできませんので、自己資金に多少ローンを加えた形で考えるようにしましょう。
また借家物件でもかまわないという方は、大きな2階建ての一軒屋で地域にもよりますが、5,000円の破格値から30,000円程度でなんとかなる場合が多いです。

■田舎暮らしを成功させるポイント
・車は一家に1台以上。免許保持者分あればベスト
・公共施設は近くにあるか(役所・学校など)
・医療機関はどこに何があるか
・近隣の人たちはどんな人たちか
・バスなどの交通機関はあるのか
・四季を通じた天候(特に冬季の雪害、夏の台風、増水)
・資金は充分か
・地域の行事はいつ何があるのか
・自分は地域の人達に溶け込めそうか


[check]
郷に入れば郷にしたがえという言葉があります。
田舎暮らしを成功させるためには「人と人とのコミュニケーション」が欠かせません。助け合うことで信頼関係が生まれ、困ったときにサポートしてもらえます。
極端に言えば、見放された時は都会人以上に冷たいです。自分や家族の性格を充分に理解して行動しましょう。

都会の利便性を取り入れることを積極的に行って下さい。例えばインターネット。中には都会の物を全て排除して暮らしている人もいます。それはそれで否定しませんが、田舎でもあったら便利なものは積極的に活用すべきです。それが地域の人たちにも役立つのですから。




■田舎暮らしと都会暮らしの費用の比較
項目 都  会 田  舎 差  額
家賃 100,000円 30,000円 -70,000円のお得
光熱水費 30,000円 20,000円 -10,000円のお得
交通費 45,000円 15,000円 -30,000円のお得
食費 65,000円 70,000円 +5,000円の悪化
娯楽費 20,000円 5,000円 -15,000円のお得
保険他 120,000円 110,000円 -10,000円のお得
380,000円 250,000円 -130,000円のお得
※家賃は借家物件・交通費は都会時の駐車場代、タクシー代含
  娯楽費は年間費用を12で割ったもの、保険他には町内会費、通信
  おこずかい等全てを含みます。

月に10万円は節約できるはずです。仮に1,500万円の新築物件を建築しても、自己資金が50%くらいあれば数年で返済が完了します。

意外なのは食費です。
これはスーパー間の競争が激しい首都圏地域の法が、逆に物価が安いと思います。いくら家庭菜園をしても、家族全員分の食材をまかなえるわけではありません。あくまでも「趣味」の範囲内で行うことを想定すると、都会よりコストは高くなります。
また田舎暮らしには「車」は必須アイテムです。
運転免許を持っている人数分の車が必要かも知れません。
しかし駐車場に費用がほとんどかからないので、都会暮らしとは随分と違いますが・・・。

資金に余裕があるのでしたら、物件にお金をかけるか、その資金をまるごと生活費に充ててしまうかを考えましょう。
基本的に田舎での就職は困難を極めますし、逆に会社が沢山あるような場所では、本来の目的である田舎暮らしにはなりません。
運よく仕事があっても、年収で200万円程度と考えたほうがよいでしょう。資金はないから、住んでみて職を探そう・・というのはリスクが高すぎます!地元の人も仕事が無くて困っているくらいです。突然現れた都会人に優先して仕事がくるとは思えませんよ。

また子供がまだ学生の場合、田舎暮らしさせるのかどうかで大きく計画は変わります。もちろん一緒に暮らせるのがベターですが、学校も近くにあるとは限りません。
医療機関も車で数時間・・・なんてことだってあります。
家族の健康状態や生活シーンをよく考えて計画をたてましょう。


スポンサードリンク




超!節約生活暮らしの大辞典トップページへ戻る

ミリオンバナー



超節約生活rogo
Copyright(C) 2007 All Rights Reserved by 超!節約生活 暮らしの大辞典